ご挨拶

学会長 今中  雄一

第79回日本公衆衛生学会総会2020
学会長

今中 雄一
京都大学(社会健康医学系専攻)医療経済学 教授
京都大学 超高齢社会デザイン価値創造ユニット長

2020年10月20日(火)から22日(木)に、京都にて(「みやこめっせ」京都市勧業館)第79回日本公衆衛生学会総会2020を開催させていただくことになりました。

当学会の、この年次学術大会は以下の特徴を持っています。

  • ◎全国から公衆衛生関係者(行政、大学、保健医療介護現場等)が約5,000人(見込み)参集。
    • ・全都道府県庁の健康医療部長の会合(全国衛生部長会)、全国保健所長会、全国保健師長会など行政系の全国会議を前日に開催。
    • ・厚労省等の省庁からも有力者が多数参加。
    • ・健康・医療・介護の研究教育者、教授・教員陣が全国から参集。その全国協議会も前日開催。
  • ◎運動、栄養、休養から医療、介護まで広い健康課題がワンストップで扱われています。
  • ◎医療、介護のシステム、サービスや政策の研究も、非常に強化されてきています。
  • ◎ビッグデータ、データサイエンス、AI活用も熱いテーマとなっています。
  • ◎エビデンスやツールを使う実践家、その研究開発者、政策づくりの担い手がインタラクトします。
  • ◎エビデンス創出、ツール等の開発、現場での実践と工夫、などにおける最前線、最先端の議論がなされます。
  • ◎健康の“まちづくり”へのアプローチには、実践の蓄積、展開の基盤があります。

本学会総会2020のテーマは、
「健康・医療・介護の未来づくり:Social Joint Venture (社会的協働)」
と設定いたしました。未曾有の超少子・超高齢社会のもと、全世代の健康寿命延伸、安全で安心な社会の実現のために、産業界、自治体・国、アカデミア、研究教育機関、保健・医療・介護の専門職、地域の人々等の横断的な協働が必要です。本学会総会は、当テーマを旗印に、健康に関する政策、実践、研究の最前線、最先端のインタラクションの場となります。

毎年、多くの参加者の皆様、企業にご協賛いただき感謝申し上げております。本学会総会2020も、そのプログラムを充実させ、さらに大きな成果を生んでいくためにも、皆様のご参画がなくてはなりません。つきましては、本学会総会2020の場を存分にご活用いただき、ご参画を賜りますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。本学会総会2020とともに秋の京都をご堪能下さい。